タグ/コントロール抗体

内部コントロールとして用いられるタンパク質は通常、研究において中心的な役割を果たすわけではありません。しかし、ウェスタンブロットの結果を適切に解釈する際等、有意義な研究を行うために必要不可欠な存在です。対照実験にコントロールタンパク質やタグ融合タンパク質を加えることで、実際に研究対象とする内在性タンパク質の発現量の変化を評価する指標となります。すなわち、研究対象タンパク質の発現量の増減は、実験的処理を反映しており、ウェスタンブロット手順の操作ミスによるものではないことを確認する際に役立ちます。プロテインテックではGAPDH、チューブリン、アクチン等の汎用性の高い抗体をご用意しており、お求めやすい¥29,000で販売しております。

ウェスタンブロット用のローディングコントロール抗体

下記の表は、ローディングコントロール抗体を購入する際の目安となるコントロールタンパク質の分子量です。研究対象のタンパク質と異なる分子量のコントロールを選択する際にご利用ください。

全細胞/細胞質 ミトコンドリア 血清
ローディング
コントロール
分子量 (kDa) ローディング
コントロール
分子量 (kDa) ローディング
コントロール
分子量 (kDa) ローディング
コントロール
分子量 (kDa)
Vinculin 117      
  Transferrin 77
Lamin B1 66  
HDAC1 65
α-tubulin 52  
β-tubulin 50
β-actin 42
GAPDH 36 TBP (rodent) 33-36
  PCNA 36 VDAC1/Porin 36
TBP (human) 37-43  
  COXIV 19
Histone H3 16  
すべてのタグ/コントロール抗体はこちらをご参照ください

Back
to top