特集 : 白血病マーカー

白血病は、白血球(WBC)に影響を及ぼす癌です。

白血病は、白血球(WBC)に影響を及ぼす癌です。

白血病( leukemia)は、一般的には骨髄で始まります。細胞に腫瘍性形質変化が生じ、その増殖およびマーカー発現が異常になります。白血病には多くの種類がありますが、疾患は、影響を受ける(WBC)の種類に応じて骨髄性またはリンパ性に大別され、主な亜型は慢性と急性です。

骨髄性

自然免疫系の細胞に影響を及ぼす白血病を研究するために、骨髄系細胞を標識する多数のマーカーを使用できます。CD11bはその一例であり、ナチュラルキラー細胞では低レベルで、単球、好中球、および好酸球では高レベルで発現しています。CD13(図1)は骨髄前駆細胞、単球、および顆粒球で持続的かつ特異的に発現しており、よく使用されています。特に急性骨髄性白血病では、CD33(図2)が罹患骨髄細胞に広く発現しており、治療の一般的な標的になっています1

図1. CD13抗体(カタログ番号:66211-1-Ig、希釈倍率:1:5000)を使用したパラフィン包埋ヒト扁桃炎組織スライドの免疫組織化学染色(4倍レンズ下)。Tris-EDTAバッファー(pH9)で加熱抗原賦活化を行った。

図2. CD33抗体(カタログ番号:17425-1-AP、希釈倍率:1:100)を使用したパラフィン包埋ヒト脾臓の免疫組織化学染色(40倍レンズ下)

リンパ性

適応免疫系の細胞に影響を及ぼす白血病を研究するために、B細胞やT細胞などのリンパ系細胞の標識が行われます。CD19(図3)の発現はB細胞系に特異的であり、分化、さらには腫瘍性形質変化を通して維持されるので、白血病の診断に役立ちます2CD4CD8(図4)の発現は、T細胞の2種類の集団の特異的な標識となり、白血病細胞で持続します。これらの細胞集団の相対数は、急性および慢性リンパ性白血病の診断に役立つ可能性があるとともに、疾患の予後に関連する可能性もあります3

図3. CD19抗体(カタログ番号:66298-1-Ig、希釈倍率:1:400)を使用したパラフィン包埋ヒト濾胞性リンパ腫組織スライドの免疫組織化学染色(40倍レンズ下)。Tris-EDTAバッファー(pH9)で加熱抗原賦活化を行った。

図4. CD8a抗体(カタログ番号:66868-1-Ig、希釈倍率:1:16000)を使用したパラフィン包埋ヒト扁桃炎組織スライドの免疫組織化学染色。Tris-EDTAバッファー(pH9)で加熱抗原賦活化を行った。

白血病幹細胞

白血病細胞のうち、休止、自己複製、および化学耐性という幹細胞の特性を有する重要かつ希少な亜集団があります。それらは、特に再発と治療抵抗性に関連しており、重要な研究対象となっています。造血幹細胞(HSC)の同定にはCD34がよく使用されますが、このマーカーは多能性間葉系間質細胞(MSC)など、他のタイプの前駆細胞にも見られます。これらの白血病幹細胞の染色によく用いられる方法は、プロトオンコジーンc-Kit、または幹細胞増殖因子受容体とも呼ばれるCD117の異常発現です(図5)。CD117はHSC、ならびに骨髄系およびリンパ系由来の前駆細胞の標識ですが、分化の過程で失われます4。CD44(図6)のようなマーカーは、発生過程全体を通して維持され、幹細胞と分化した細胞の両方を標識します。この細胞表面分子は、遊走、増殖、分化などのプロセス、ならびに様々な因子の受容体への提示に極めて重要です。


図5. c-Kit/CD117抗体(カタログ番号:18696-1-AP、希釈倍率:1:200)を使用したパラフィン包埋間質腫瘍組織スライドの免疫組織化学染色(10倍レンズ下)。

図6. CD44抗体(カタログ番号:15675-1-AP、希釈倍率:1:200)およびAlexa Fluor 488コンジュゲートAffiniPureヤギ抗ウサギIgG(H + L)を使用した(-20°Cエタノール)固定HeLa細胞の免疫蛍光染色。


白血病にどのマーカーを選択するかを決定する際には、具体的な疾患亜型の慎重な検討とともに、組み合わせ法が推奨されます。

関連する白血病マーカー

マーカー

概要

抗体

骨髄性

CD11b

インテグリンファミリーのメンバー

66519-1-Ig

CD33

膜貫通受容体、細胞接着、およびエンドサイトーシス特性

17425-1-AP

CD13

細胞外ペプチダーゼ

66211-1-Ig

リンパ性

CD4

TCRの共受容体、MHCクラスIIと相互作用する糖タンパク質

11056-2-AP

CD8

TCRの共受容体、MHCクラスIと相互作用する糖タンパク質

66868-1-Ig

CD19

BCRの共受容体、B細胞活性化を制御

27949-1-AP

白血病幹細胞

CD117

マスト細胞の生存、増殖、活性化、および走化性に重要な受容体チロシンキナーゼ

18696-1-AP

CD34

細胞接着に関与するリン酸化糖タンパク質

14486-1-AP

CD44

遊走と接着に関与する細胞表面糖タンパク質

15675-1-AP


参考文献

  1. Laszlo, G. S., Estey, E. H. & Walter, R. B. The past and future of CD33 as a therapeutic target in acute myeloid leukemia. Blood Rev. 28, 143–153 (2014).
  2. Scheuermann, R. H. & Racila, E. CD19 Antigen in Leukemia and Lymphoma Diagnosis and Immunotherapy. Leuk. Lymphoma 18, 385–397 (1995).
  3. Gonzalez-Rodriguez, A. P. et al. Prognostic significance of CD8 and CD4 T cells in chronic lymphocytic leukemia. Leuk. Lymphoma 51, 1829–1836 (2010).
  4. Hanekamp, D., Cloos, J. & Schuurhuis, G. J. Leukemic stem cells: identification and clinical application. Int. J. Hematol. 105, 549–557 (2017).
Featured Products

Posted:
30 September, 2020

Share:


Back
to top