AMPKシグナル伝達:パスウェイポスター

お客様のラボ用に経路ポスターをダウンロードできます。

ProteintechライブラリーのすべてのポスターPDF形式で入手可能です。


AMPK経路の概要

真核生物における細胞および生物代謝の中心的な調節因子の1つは、AMP活性化タンパク質キナーゼ(AMPK)です。AMPKは、細胞エネルギー恒常性のマスターレギュレーターであり、近年、オートファジーや細胞極性等の細胞プロセスに関連付けされます(1)。AMPKは、mTORまたはサーチュインとの相互作用を通じた老化の重要なモジュレーターとしても、複数の種において関係しています。このキナーゼは、低グルコース、低酸素、虚血、ヒートショック等、細胞のATP供給を枯渇させるストレスに応答して活性化されます。哺乳類には、AMPKα触媒サブユニットをコードする2つの遺伝子(α1とα2)、2つのβ遺伝子(β1とβ2)、および3つのγサブユニット遺伝子(γ1、γ2、およびγ3)があります(2)。

AMPKは、脂質とグルコース代謝の両方の中心的な調節因子としての役割を果たすことから、II型糖尿病、肥満、および癌の治療のための治療標的となる可能性があると考えられています(3および4)。

AMPK 経路ポスターをダウンロード

関連抗体

AKT1 Insulin
AMPK Alpha 1 KD/KO Validated LKB1
AMPK Beta 1 MTOR
CD36 P21;CDKN1A
CPT1A p53 KD/KO Validated
その他のポスターはこちら

参考文献

1. The AMPK signalling pathway coordinates cell growth, autophagy and metabolism

2.. AMPK activators: mechanisms of action and physiological activities

3. AMPK: an emerging drug target for diabetes and the metabolic syndrome.

4. Targeting AMPK for cancer prevention and treatment

Blog

Posted:
25 May, 2017

Share:


Back
to top