Proteintechは、本社規模を3倍に拡張し、事業拡大と需要対応に臨みます。

プレスリリース


2021年8月18日午前9時(中部標準時):Jane Thompson氏(Thompson + Conard Communications社)によって書かれました。


米国イリノイ州ローズモント、2021年8月18日 - 「抗体のベンチマーク」Proteintech(プロテインテック)は、抗体標識のための施設を拡張すると共に、GMPタンパク質のオペレーション能力を向上させ、抗体製品のポートフォリオに、IBVRやASRを含む臨床研究関連試薬を追加するために、イリノイ州ローズモントの本社と研究所を3倍に拡張したことを発表しました。

Proteintech社のこの動向は、20年間に渡る強力でかつ一貫した成長によるものです。

COOのJeff Lee氏は「当社が最後に本社を拡張したのはわずか5年前です。今後も抗体、ELISAキットおよびタンパク質製品の需要の中で成長は続いていくと予想しています。過去2年間で、会社の従業員数は2倍の300人になり、2年後には再び2倍になると予想しています。」と語ります。

CEOであるJason Li博士は「創業20年目を迎えた当社にとって、今年は大きな年です。科学出版物では10万回目の製品引用実績を達成し、依然拡大を続けています。当社とその成功は、従業員なしではあり得ません。」「従業員の積み重ねてきた日々があって、今日の姿があります。彼らは当社をさらに強くしました。」と述べています。

Chief Scientific OfficerのDeepa Shankar博士は「長年にわたる10万件の引用実績が、当社の拡大に寄与しています。当社製品の引用回数の増加は、当社製品の一貫した品質と再現性に、研究者が価値を置いていることを直接反映しています。」と述べます。

新本社には、Proteintech社の北米における流通、研究開発、財務、ロジスティクス、カスタマーサポートおよびITの業務も収容されます。

Proteintech社の新しく最先端のGMPグレード研究所。
Proteintech社の新しく最先端のGMPグレード研究所。
モダンで広々としたロビーを備えた新オフィス。
新しい図書室は、従業員と訪問されるお客様に落ち着いた空間を提供します。
新しい図書室にはProteintech社がこれまで歩んできた沿革が展示されています。
モダンな新会議室。

 ※ 日本国内におけるプロテインテック製品の販売は、「コスモ・バイオ株式会社」を通じて行っております。お見積り・納期確認・ご注文は、「コスモ・バイオ株式会社代理店」にお問い合わせをお願いいたします。

Company News

Posted:
18 August, 2021

Share:


Back
to top