プロテイン抗原かペプチド抗原か?利点と欠点

ペプチド免疫原 対 タンパク質免疫原


免疫原とは何か?

免疫原とは、抗体を生成するために使用される抗原のことです。したがって、免疫原の設計は、抗体作成の最も重要な側面の一つです。つまり、免疫原の設計が良くない場合、精製された抗体は、非特異的であったり、力価が低くなってしまいます。さらに、免疫原は、精製された抗体のエピトープ範囲を確立しますが、この知識は実験デザインに不可欠です。免疫原の設計には多くの側面がありますが、ここでは、ポリクローナル抗体の免疫原として、ペプチドを使用することと完全長タンパク質を使用することの利点と欠点に焦点を当てます。

ペプチド免疫原

ペプチド免疫原は、タンパク質の単一のアイソフォームを検出する抗体を生成するのに有用です。また、ペプチドは、リン酸化など、特定部位に対する翻訳後修飾を検出することができる抗体を生成するのに役立ちます。しかし、ペプチドは、必ずしも完全長タンパク質と同じようにフォールディングするとは限らないので、ペプチド免疫原を用いて生成された抗体は、非特異的であるか、または親和性が低い可能性が高いのです。また、ペプチド免疫原は、ペプチドの長さが短く、エピトープの選択肢が少なくなるために、リンパ小胞での親和性成熟が制限されるため、親和性の低い抗体を産生する傾向があります(1)。

タンパク質免疫原

タンパク質免疫原を使用する場合、タンパク質の任意の領域に対して抗体を生成することができます。したがって、タンパク質免疫原は、プロタンパク質の経時的な過程を調べる場合など、タンパク質が修飾されている間のその様子を追跡する実験のための抗体を生成するのに最適です。さらに、保存された配列内にいくつかのエピトープが存在する可能性が高いため、結果として得られる抗体は多くの種にわたって反応性を示す可能性があります。同様に、タンパク質のいくつかの領域は、あるアプリケーションよりも別のアプリケーションに適している場合があるため、タンパク質免疫原を使用することで、多くの場合、複数のアプリケーションで使える抗体が得られます。

タンパク質免疫原 対 ペプチド免疫原:あなたに最適なのはどれ?

要約すると、ペプチド免疫原は、特定のタンパク質のアイソフォームおよび翻訳後修飾部位の検討に理想的ですが、タンパク質免疫原は、その他のほとんどの実験において優れています。プロテインテック社では、目的とする特定の抗体に何が最も適するかに応じて、ペプチド免疫原とタンパク質免疫原の両方を使用しています。さらに、当社のすべての抗体の免疫原シーケンスを提供していますので、どの抗体が自分の実験に最も適しているかを判断することができます。

当社のポリクローナル抗体の詳細については、こちらをご覧ください。

参考文献

  1. Follicular dendritic cells: Dynamic antigen libraries
Blog

Posted:
26 September, 2017

Share:


Back
to top