学術発表を成功させるための7つの秘訣

科学研究を発表することへの恐怖と戦いましょう。


人前で話すのが怖い?

プレゼンテーションを行うことは、自分の仕事を共有し、その分野で評価を得る重要な役割を果たします。しかし、あなたの研究を効果的かつ専門的に発表する方法を教える専門の学問コースはありません。指導教官は通常、科学に焦点を当てているだけで、博士課程の学生としてのプレゼンテーションスキルを開発することには注目していません。あなたはただ深い底の淵に放り込まれるだけで、専門家や仲間の前に立つことは、率直に言って恐ろしいことです。

そういったタスクに直面した多くの人にとって、プレゼンテーションを行うことは恐怖です。公衆に向けて話すときのこのような反応はよくあることです。研究発表は、間違いなく大変な作業であり、科学者であることのストレスの一つでもあります。

以下のヒントは、恐怖心を克服し、プレゼンテーションにも自分自身にも自信が持てるようになるのに役立ちます。

何から始めればいいのでしょうか?まずは、緊張する理由を見つけましょう。
メンタルブロックの恐怖

プレゼンの途中でメンタルブロックの状態に陥っても、この世の終わりではありません。

効果的な間であり、誰もあなたがメンタルブロックに陥っていることを知る必要はありません。聴衆はちょうどあなたが次のポイントに向かって溜めを作っていると思うだけです。深呼吸をして、慌てずに、そして軌道に乗る助けとするため、時々はノートを見てもいいということを思い出してください。

文字通りすべてを忘れてしまうことを、まだ恐れていますか?リラックスした環境にいるときに、記憶にある各スライドの概要を書き出して準備しておきます。これなら、頭がボーッとしていても、無意識のうちに思考の流れを思い出すことができます。

質問に対する恐怖

視線の先には少なくとも1人の「質問があります」という人が座っていて、スライドのたびに邪魔をしてきます。質問があなたの流れを乱していることがわかった場合は、聴衆に対して丁寧に、プレゼンテーションの最後まですべての質問を待っていてもらうようお願いしましょう。そうすれば、終了時に何が待っているかがわかりますし、Q&Aに気まずい沈黙はありません。

威圧

多くの人は、神経質になっていることが知識不足の表れとして認識されることを恐れています。もちろん、そんなことは全くありません。99%の科学者が登壇時に緊張を感じ、すべての視線が自分に注がれていることに気づきます。そして、それでいいのです。

あなたの研究をあなたよりも知っている人はいません。聴衆は、あなたの研究に興味を持っているから、そして学びたいから、あなたの発表を聴きに来ているのだということを思い出してください。あなたを威圧したいからではありません!このような視点を持つことで、研究発表のストレスを大幅に軽減することができます。

鍵は準備することです。プレゼンを成功させるための7つのステップ:
1.聴衆を知る

聴衆を理解する最良の方法は、聴衆の立場になることです。自分の前の他の発表者による発表にも参加するよう試みてください。これは、実際にあなたが聴衆の一人になるチャンスを与えてくれるものです。自分が誰に向かって話しているのかを見極めることは重要です。聴衆はその分野の専門家ですか?ラボのメンバーですか?それとも学部生ですか?彼らの科学的背景/興味/職業/権威を調査し、聴衆の知識レベルに合わせたプレゼンテーションができるようにします。

聴衆にとって新規となる可能性のある重要な用語を使っている場合は、プレゼンの早い段階でその明確な定義を示し、紹介しましょう。聴衆が一旦、慣れない専門用語で迷子になってしまうと、なかなか軌道に戻ってきてもらうのが難しくなります。

2. ポジティブに考える

ネガティブな考えに支配されないようにしましょう。「私にはできる」「準備は万全だ」と自分に言い聞かせましょう。 もし友達が自分の立場だったら、相手を励ますために自分は何を言うだろうかと考えてみましょう。前向きな考え方を持つことは、科学者としてのキャリアに大きく役立ちます。フィードバックや批判を受け止め、物事が計画通りに進まないときに忍耐力を持ち、ラボでの長い時間を乗り切りることができる力になります。これらすべてのことを通してポジティブな考え方を持つことは、あなたが進歩し、長期的に成功するのに役立つでしょう。

3.プレゼンテーションを管理しやすい塊に分解する

要旨、イントロ、結果、考察など、プレゼンテーションを管理しやすい小さな塊に分割します。各セクションを一つ一つ自分の目で見て、それらを一つの巨大で荷の重いスピーチではなく、別々の小話として視覚化します。メモは簡潔で見やすいようにし、文章全体ではなく短いフレーズで書き、各ページに多くを詰め込みすぎないようにしましょう。箇条書きや短いフレーズを使うことで、メモを見続けたり、アイコンタクトを避けたり、台本を読んでいるかのように思われるのを防ぐことができます。

同様のアプローチをスライドにも適用します。つまり、簡潔にまとめ、各スライド上のテキストの量を制限します。スライドがごちゃごちゃしていると、聴衆はスクリーン上の内容に混乱し、あなたの話の内容から焦点がずれていってしまいます。

ときには、話をする必要がないこともあります。代わりに、聴衆の参加を促すため、時折質問をしてみましょう。これにより聴衆は学習意欲を掻き立てられ、スポットライトがあなたから聴衆に移動します。

4. リハーサルをする

内容に慣れて、トークのタイミングをつかむには練習が一番です。

頭の中で自分のスライドを読むだけではいけません。自分の割り当てられた制限時間に対し、各スライドを通して自分自身が話すことを視覚化するとともに自分の耳で聞きます。注記:昼休みや休憩時間に突入するプレゼンテーションほど、聴衆を困らせるものはありません!

慣れるには、自分が発表する実際の講義室で練習するのが良いでしょう。このようにして、あなたの声がどのように伝わるかを感じ、どこに立つべきかを考えたり、パソコンの接続やプレゼンテーションファイルの展開といった(しばしば見落とされがちな)技術的な問題を修正することができます。

5. 指導/メンタリングを行う

運良く準備する時間がたくさんある場合は、人前で話す機会を作ってみましょう。これは、科学的なプレゼンテーションである必要はなく、ラボのミーティングや読書会で発言したり、学部生のために簡単なメンタリングセッションを開いたりするのと同じくらい簡単なもので構いません。また、ラボの仲間に自分の研究について質問を投げかけてもらうのも良いでしょう。そうすることで、好奇心旺盛な聴衆にも対応できるようになります。慣れ親しんだ環境で、様々な聴衆を相手にして、人前で話す練習をすることは、自信につながりますし、仕事をする上での素直なフィードバックを得るのにも最適な方法です。

6. リラクゼーションのテクニック

呼吸を忘れないようにしましょう!これは非常に単純なように聞こえますが、深呼吸をすることは、あなたの脳に酸素を供給し、神経質になることと戦うのに役立ちます。呼吸がコントロールできるようになると、自信がつき、集中力が高まり、言いたいことを思い出すことができるようになります。

7.ゆっくり落ち着いて

話すときには、聴衆が自分の声を聞き取れ、内容を理解できることが重要になります。はっきりと、ゆっくりと、熱意を持って話しましょう。聴衆が自分の言っていることを咀嚼できるように、要所要所で間を取るのは良いやり方です。深呼吸をして、普段よりも少しだけゆっくりと話すように努めてみてください。

忘れないでください...

プレゼンテーションすることになると、神経質になることは避けられず、これはおそらく(あなたが超人でない限り)逃れられることはありません。目標は、気後れで押しつぶされることではなく、その神経の昂りをモチベーションと決意に変えて素晴らしいプレゼンをすることです。

そして、覚えておいてくださいー自分が感じているよりも緊張しているように見えることは決してありません!

参考文献

Marilynn Larkin. (2015). How to give a dynamic scientific presentation. Available at: https://www.elsevier.com/connect/how-to-give-a-dynamic-scientific-presentation. Last accessed 2nd August 2018.

Blog

Posted:
14 August, 2018

Share:


Back
to top