JAK/STATシグナル伝達: パスウェイポスター

お客様のラボ用に経路ポスターをダウンロードできます。

ProteintechライブラリーのすべてのポスターはPDF形式で入手可能です。


JAK/STAT経路の概要

ヤーヌスキナーゼ(JAK)-シグナル伝達兼転写活性化因子(STAT)経路は、細胞外化学シグナルから核へ情報を伝達し、DNA転写および遺伝子発現を引き起こします。JAKは、JAK1、JAK2、JAK3、およびTYK2で構成される非受容体型タンパク質チロシンキナーゼのファミリーに属しています。STATは、活性化された受容体複合体への動員後に活性化される、潜在型細胞質転写因子です。STAT5aおよびSTAT5bを含む、STAT1~STAT6の7つのSTATタンパク質が同定されており、これらは異なる遺伝子によってコードされています(1)。

これらのサイトカインおよび増殖因子は、増殖、成長、造血、免疫応答、または幹細胞の生物学的調節等、様々な細胞機能を担います。

JAK-STAT経路の過剰な活性化は、アポトーシスおよび細胞周期チェックポイントを迂回することによって、癌を引き起こす可能性が示唆されています。JAK機能を阻害すると、癌性細胞の制御不能な増殖を効率的に防止すること、および過度に活性な免疫細胞を抑制することが示されています(2-3)。

 
JAK-STAT経路ポスターをダウンロード
JAK1 STAT5A
JAK2 STAT5B
STAT1 KO/KD Validated STAT6
STAT2 MTOR
STAT3 KO/KD Validated ERK1/2 KO/KD Validated
STAT4 CAMMKK2 KD/KO Validated
その他のポスターはこちら

参考文献

1) Biology and significance of the JAK/STAT signalling pathways

2) Dynamics and non-canonical aspects of JAK/STAT signalling.

3) The role of JAK/STAT signalling in the pathogenesis, prognosis and treatment of solid tumours.

Blog

Posted:
24 May, 2017

Share:


Back
to top