免疫療法:希少がんと闘うための免疫システムの強化

免疫療法:どのように作用するのか、そして、これまでのところ何が分かっているのか?


免疫療法は、複数のがんの治療において強力なツールとして浮上しており、希少がんに苦しむ人々が最も恩恵を受ける立場に立っています。希少がんの患者は、しばしば、予後不良に直面し、その関連研究は、多くの場合、より罹患者の多い疾患に遅れをとることが多いことから、病気の克服に役立つような一連の治療が限定されているという困難な状況にあります。例えば、悪性中皮腫は、希少がんであり、診断後の患者の平均余命はわずか15か月です。このがんは、臓器の内壁に発生し、発生個所によって肺、腹膜、心腔の3つのタイプに分類されます。各タイプでは、通常、複合的な治療が必要となり、患者の平均寿命は5年から10年です。環境に関連するこのがんは、一般的な症状と相まって潜伏期間が長いため、患者にはほとんど選択肢がなく、行動する時間がないことが多いです。CTLA4とPDL-1の両方を標的とした薬物療法や臨床試験の導入により、患者は中皮腫にターゲットを絞った研究に参加し、治療が不可能な状態や手遅れになる前に、可能性のある治療を受けることができる機会が与えられるようになっています。

チェックポイント阻害剤を標的とした臨床試験や新しい薬物療法は、特定の種類のがんに限定するのではなく、がん全体への治療を開くことで、がん治療領域全体を発展させています。PDL-1とその関連ターゲットは、肺がんの治療だけでなく、肺にも発生する胸膜中皮腫の治療にも有望であることが示されています。ペムブロリズマブ(別名:キイトルーダ)は、中皮腫の治療で有効であることが証明されており、手術、化学療法、放射線療法といった標準的な治療が結果を示していない患者のための別のオプションとなっています。キイトルーダのような治療法は、より広く研究されるようになっており、患者が最終手段としての臨床試験にアクセスしたり参加する機会を提供しています。この治療法の有効性と広範な適用可能性は、中皮腫治療の標準のための技術革新と進歩につながっています。

免疫療法は、すでに一般的な侵襲性がん治療の代替手段となっています。

ベイラー大学で行われている研究では、臨床医は、最終的なオプションとしてではなく、ネオアジュバント治療としてのインヒビター免疫療法を用いた治験を主導しています。この試験では、ペムブロリズマブと、CTLA4を標的とするトレメリムマブの両方を検討しています。Bryan Burt博士らのチームは、標準的な手術の選択肢や放射線の前に、これらの薬物療法を活用しています。外科的オプションの有効性と患者転帰の向上を目的として、希少がんに対する免疫療法はより実行可能な選択肢となりつつあり、患者に大きな希望と治療法を提供しています。

この研究などにより、免疫療法は希少がんの治療に変革を起こし、患者に希望を与えるものだと考えられています。

免疫療法の影響力について詳しく知りたい方は、Mesothelioma Cancer Allianceのウェブサイト(こちら)をご覧ください。

Blog

Posted:
26 September, 2017

Share:


Back
to top