ゲスト寄稿 | 心臓のための4つのこと

心臓血管疾患のリスクを増加させないために、まずは4つのことを始めよう。

Alex Ryan著

循環器疾患とは、大まかにいえば、心臓、血管、またはその両方に影響を及ぼすものと定義することができます。心臓病だけでも、米国では年間60万人が死亡しており、死亡原因の第一位となっています。循環器疾患の主な原因は、動脈硬化と高血圧であり、危険因子としては、糖尿病、肥満、過度のアルコール摂取、規則正しくない食生活、座りっぱなしの生活習慣などが挙げられます。今月は1月(すがすがしい新年の決意の月)です。ご自分の健康を改善し、循環器疾患の可能性を減らすためにどのような決意をされますか?

ウォーキングを始める

昨年、既にこの記事をお読みになったかもしれませんが、座った状態で3時間過ごすごとに、15分歩くことをお勧めします。長時間の座りっぱなしは、血行不良や内皮機能の低下を招きます。内皮細胞は血管に並んだ細胞であり、機能不全は、一般的に循環器疾患に関連付けられています(これについては、以下に詳しく述べます)。1時間に1回、5分ずつゆっくりと歩くことで、内皮の損傷を防ぐことができます。ゆっくりと言うのは、1時間に2マイル(約3.2km)ということで、これは100メートルを2分弱で「走る」ことに相当します。

もう一つ、ウォーキングをする理由として、最近のエビデンスでは、骨格筋からミオカインと呼ばれる分子が分泌されることが示唆されています。これらは、内分泌系の役割を持っていると考えられており、つまり、他の臓器や組織に影響を与えることを意味します。収縮(運動)時には、これらミオカインの分泌が変化し、これがいくつかの有益な役割を持つと考えられています。

ダークチョコレートを食べる

新年の決意として、チョコレートを食べることを提案するのは物議をかもすと思われますが、私はとにかくお勧めしたいと思います。エピカテキンと呼ばれるフラバノールは、カカオ製品、特にダークチョコレートに含まれています。これは、インスリン抵抗性(2型糖尿病の前駆体)に有益な効果を持っており、心臓保護効果があることが示されています。エピカテキンは、運動と同程度の速度で、心血管新生の改善をもたらします。重要なのは、その効果は付加的なものであり、つまり、エピカテキン療法と同様に運動を行うことで血管新生がさらに改善されるということです。エピカテキンは、2型糖尿病や心不全の危険因子である骨格筋のミトコンドリア機能も改善します。

チョコレートの味が好きではない場合は、オンラインでエピカテキンの錠剤を購入することができます。そうでなければ、ダークチョコレートを食べることでエピカテキンを摂取できます。苦ければ苦いほど良いです。ただし、残念ながら好きなチョコレートを食べ放題というわけにはいきません。朝に1~2個(ダークチョコレートのみ!)食べるのが理想的です。エピカテキンは、正規分布曲線にしたがって機能しており、かなり低い濃度でスイートスポットに当たることを意味します。

眠る

人生で厄介なもう一つの皮肉は、睡眠不足は循環器疾患の原因でもあり、症状でもあるようだ、ということです。そのメカニズムは完全には解明されていませんが、いくつかの側面が役割を果たしていると考えられています。

睡眠不足、または不眠症は、循環器系の炎症促進性分子の増加を招きます。 炎症状態は、動脈硬化や2型糖尿病と関連しています。それ以外の健康な人では、睡眠の中断は内皮の損傷の原因になることも示されています。  上述したように、内皮機能障害は、循環器疾患と関連しています。内皮機能障害は、eNOS(内皮細胞一酸化窒素合成酵素)が強力な抗酸化物質である一酸化窒素を生成するのを妨げることで、これらの炎症促進性状態を悪化させます。eNOS機能障害は、睡眠時無呼吸症候群(睡眠中の呼吸が浅い、または不規則な状態)の原因となっていると考えられています。睡眠時無呼吸は、いくつかの循環器疾患および糖尿病のリスク増加と関連しています。

歯を磨く

本稿を読んでいるなら、あなたは立派な大人で、歯磨きをきちんとされていると思います。凄くリアルな『ソウ6』が指摘していたように、歯周病は、循環器疾患のリスク増加と関連しています。これは実は本当のことなのです。歯の衛生状態が悪いと、上記の睡眠の項で述べたように、炎症の増加につながり、循環器系の問題のリスク増加につながります。決定的な疫学的エビデンスがこれをサポートしています(ここで提示する2つのリンクは、単にその表面を撫でているにすぎません)。ですから、2015年はブラッシング、すすぎ、フロスを使ってあなたの循環器系をより健康にしましょう。

そうです、わかりますね。2015年を迎えるにあたっての4つの決意は:少量のダークチョコレートを食べる、散歩に行く、歯を磨く、そして寝る!です。そう難しくはありませんね。

 

 

Blog

Posted:
31 December, 2014

Share:


Back
to top