特集 : AMPK

細胞のエネルギーセンサー

細胞のエネルギーセンサー

AMP活性化プロテインキナーゼ(AMPK: AMP-activated protein kinase)は、真核生物における細胞および生物代謝の中心的調節因子の一つです。AMPKは、高度に保存された代謝のマスターレギュレーターであり、細胞レベルまたは生理学的レベルで代謝ストレスに応答して、エネルギーバランスを回復させます。AMPKは、細胞内のAMP/ATPとADP/ATPの比率をモニターするエネルギーセンサーとして働きます。AMPKは、AMP/ATP 比率の上昇に応答し、3つの機構を介してそのスイッチはオンとなります。3つの機構とは、 (a) 上流の活性化キナーゼによるThr172のリン酸化の促進、(b) ホスファターゼ(脱リン酸化酵素) によるThr172の脱リン酸化が阻害されること、(c) リン酸化キナーゼのアロステリック活性化です(1)。一方、これらの全ての機構はAMP/ATP 比率の減少と拮抗します。AMPKは、肝臓、心臓、視床下部、さらには脂肪細胞等を含む多くの臓器/器官に分布します。さらに、視床下部におけるAMPK 活性化は、低エネルギー状態で食欲を刺激することが報告されています(2)。

近年、AMPKは、オートファジーや細胞極性(cell polarity) などの細胞プロセスに関連することが報告されています(3)。AMPKはまた、いくつかの種において、mTORやサーチュイン(sirtuins) と相互作用することで、老化の重要な調節因子として機能することが示唆されています。AMPK は、低グルコース、低酸素、虚血、熱ショック等、細胞へのATP供給を枯渇させるストレスに応答して活性化されます。AMPKは、αサブユニット(触媒サブユニット)、βサブユニット、γサブユニットからなるヘテロ三量体として存在します。哺乳動物では、2つのαサブユニットをコードする遺伝子(α1およびα2)、2つのβサブユニットをコードする遺伝子(β1およびβ2)、3つのγサブユニットをコードする遺伝子(γ1、γ2 および γ3) が存在します(4)。

AMPK は、脂質代謝とグルコース代謝の両方で中心的な調節因子として役割を担うため、II型糖尿病、肥満、および癌の治療ターゲットの候補として研究が進められています(5、6)。

AMPK パスウェイポスターのダウンロードはこちら
関連抗体
抗体 抗体タイプ カタログ番号 アプリケーション  
AKT1 ウサギポリクローナル 10176-2-AP ELISA, FC, IF, IHC, IP, WB KD/KO 検証済み, 82 文献
Insulin マウスモノクローナル 66198-1-Ig ELISA, IHC  
AMPK Alpha 1 ウサギポリクローナル 10929-2-AP ELISA, IF, IHC, WB KD/KO 検証済み, 14 文献
LKB1 ウサギポリクローナル 10746-1-AP ELISA, WB, IP, IHC KD/KO 検証済み
AMPK Beta 1 ウサギポリクローナル 10308-1-AP ELISA, WB, IP, IHC, IF  
MTOR ウサギポリクローナル 20657-1-AP ELISA, IF, IHC, IP, WB 23 文献
CD36 ウサギポリクローナル 18836-1-AP ELISA, FC, IF, IHC, WB 13 文献
参考文献
  1. AMPK: a cellular energy sensor primarily regulated by AMP.
  2. AMPK as a cellular energy sensor and its function in the organism
  3. The AMPK signalling pathway coordinates cell growth, autophagy and metabolism
  4.  AMPK activators: mechanisms of action and physiological activities
  5.  AMPK: an emerging drug target for diabetes and the metabolic syndrome.
  6. Targeting AMPK for cancer prevention and treatment
Featured Products

Posted:
13 May, 2018

Share:


Back
to top